最近の記事
カテゴリ
過去ログ
カレンダー
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

RSS

2012年08月08日

占い師に必要な能力とは

占い師に必要な能力とは何でしょうか。
霊感でしょうか。直感でしょうか。山勘でしょうか。ハッタリでしょうか。ごめんなさい。もっとまじめに書きます。

昨日ショッピングで迷うことを記しましたが、今日は占いに絡めてそれを記したいと思います。

私が占いをはじめて間もない本当に初心者の頃、占いは情報提供だと思っていました。
例えば、Aを選択するとこうなる、Bを選択するとこうなる…
・・・それではあまりに嫌味ですね。変えます。
例えば、Aのメリットはこうでデメリットはこう、Bのメリットはこうでデメリットはこう、
というような感じです。決断のための情報提供だと思っていました。

AとBの選択で悩んでいるんですね?
では占ってみましょう。
Aを選択したときのメリットはこうでデメリットはこうです。
一方、Bを選択したときのメリットはこうでデメリットはこうです。
よろしいですか? さぁ!キメましょう! 決断しましょう!
キメるのはアナタです!
アナタの人生なのですから!!

それは一見、相談者を尊重し、相談者が気づかない情報を提供し、選択できるように支援をしているように見えます。

ですが、それは完全に間違っていました。
そういう占いは無責任です。

情報は多ければ多いほど、迷うのです。
情報を提供することは、相手を混乱に陥れることになるのです。

レッスンでは冷蔵庫の話をしていました。
冷蔵庫を買いに電気屋さんに行ったとします。
その時店員さんAは、あらゆる冷蔵庫の特徴を説明してくれます。
「こちらの商品は新商品で、こちらの商品はエコが特徴で、こちらの商品は棚が上下できて、こちらの商品は両開きで、こちらの商品は製氷機がついていて、こちらの商品は野菜を新鮮に保てて、こちらの商品は瞬間冷凍ができて…」

一方、別の店員さんBは、冷蔵庫の特徴を説明する前にお客さんの家族構成やニーズを聞きます。
「何人家族ですか? 買い物の頻度はどの程度ですか? お子さまはお弁当がありますか? 専業主婦ですか?」
「そうですか。なら、こちらの冷蔵庫がお客様にはピッタリです」

どれだけ冷蔵庫の種類があったとしても、その人にとっての必要な機能は決まっています。あるいは、明確な優先順位があります。
ですが、たくさんの冷蔵庫を前にして優先順位が変わってしまうのです。
ほとんど料理なんか作らないのに
「野菜がフレッシュか〜、野菜足りていないしな〜。この冷蔵庫を買ったらこれから野菜中心の料理を作るかも…」
みたいに。

占い師の役割は情報を提供するAみたいな店員であってはなりません。
お客さんのライフスタイルからニーズと優先順位を読み取り【聞き出し、じゃないってところがポイントね】、ピンポイントの情報を提供するのです。

つまり、占い師にとって最も重要な能力は、その人のライフスタイルからその人が本当は何を欲しているのか、その人に本当に必要なものは何なのか、を想像できる力だ、と言えます。

本当に欲しいもの。
それは、口にしている(意識している)ものとは違うかもしれません。
だから、聞き出すではダメなのです。相談者さんに普通に質問をしていきながら、ホロスコープを基に、本当に求めているものを探るのです。


2012年08月08日 | 占い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ