最近の記事
カテゴリ
過去ログ
カレンダー
<< 2013年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

RSS

2013年07月19日

コミュニケーションの難しさ

自分探しのホロスコープ占い今日はマネジメントの研修に行ってきました。
組織として最も良い状態(利益が上がる)にするためにはどのようにすれば良いのか、という研修です。

組織として最も利益が上がるためには、一人ひとりの生産性の向上です。
そのために何が必要かというと、個人個人のやる気です。
仮に、社員全員が上司のため、会社のために能動的にやる気に満ちて仕事に関わっていたとしたら、生産性はものすごく高いといえます。

個人のやる気を上げるために何をする必要があるかというと、(これは複雑なので詳細は割愛しますが)上司と部下の関わり方です。
その中で今日は、コミュニケーションがいかに難しいのかの体験でした。

占いでは相談者さんの脳(映像)と、私の脳(映像)が一致していないと良い占いはできないので、深く、詳細にコミュニケーションをとります。
占いはコミュニケーション業ですから、私は割となれているつもりでしたが、それでも、ワークで本当に難しいことを体感させられました。

ワークは二人一組になり、言葉だけで図形(の組み合わせ)を相手に書かせるのです。
相手に自分の書いている図形が見えない状態で
「△を書いて下さい。そのてっぺんに□を書いて下さい」
みたいに。

お互い丁寧に説明したり、質問したりしているので、お互いが

「ちゃんと説明したから伝わっているはず」
「ちゃんと説明の通りにやっているから、間違いないはず」

と思いながら進んでいくのですが、最終的にお互いの図形が一致することはほとんどありませんでした。

どこかで思い込み(相手とのズレ)があるのです。

しかしこの「思い込み(相手とのズレ)」は、後から分かることで、その時は意識できません。
そして、最後になって

「どうしてちゃんとなってないの? ちゃんと言ってるのに」
「なんで最初から言わないんだよ」

とかなります。

これが現場でも起こっていて、
「言ったからできるはず」
「言われたとおりにやっているから、できているはず」
となり、最終的には自分が伝えようとしていることが相手に伝わっていない、となるわけです。

では、どうすれば自分が伝えたいことを相手に伝えることができるのでしょうか。


2013年07月19日 | 思うこと
Powered by さくらのブログ