最近の記事
カテゴリ
過去ログ
カレンダー
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

RSS

2013年04月26日

答えはホロスコープに書いてある

自分を知るホロスコープ占い昨日「苦手がウリに変わる」と記しましたが、このようにホロスコープを丁寧に見ていけば、問題に対する解決策が、必ず書かれています。

さて。
飽きっぽい、いろいろやりたくなっちゃう。そういう方も多いと思います。しかし、それではひとつのものを地道に続けている方に勝ることはできません。残念ながら、一般的にはあれこれ手を出さずにひとつのことを続けた方が大成しやすいです。
星占いなら、太陽か月が双子座にある人は、飽きっぽくていろいろやりたくなっちゃいます。
じゃぁ、そういう方は大成しないのか、となります。

そこでホロスコープ理論の二つ目、言語システムの違いを使います。
星占いの本の双子座の欄を見ると、確かに「飽きっぽい」「いろいろやりたくなる」と書いてあります。
それは「知りたがり」から来ます。知りたいからいろいろやりたくなっちゃうのです。しかし深く知ろうとしません。たくさん知りたいので深く知るよりも、次々知りたいのです。なので、飽きっぽく『見えます』

「知りたがり」を別の日本語で表すと「情報収集能力に優れている」となります。

つまり、双子座さんは、人間界では「情報収集能力に優れている人」にもなりますし、「飽きっぽくて長続きしない人」にもなります。
情報収集能力にエネルギーを使っても良いですし、飽きっぽくて長続きしないにエネルギーを注いでも良いのです。
しかし、私たちは人間界に住んでいますから、人間界で評価されるように自分の力を使った方が良いです。エネルギーをどっちに使うのか、です。どちらに使っても双子座をやっていることには代わりありません。

飽きっぽい、いろいろやりたくなっちゃう双子座さんに対しては「継続しましょう」「続けることが大成の秘訣です」という回答はあり得ません。
なぜならそれは双子座を否定することになり、人間止めなさいと言っているようなものです。

そうではなくて、同じ双子座の、別のエネルギーに転換するのです。
何か芯を持ち、それに対してたくさんの情報を得る。
たくさんの情報を何かひとつのものに結びつける。
それらができれば双子座さんは大成します。

このイメージが、マスコミなどの情報産業です。(ただし、情報産業の会社で何をするのかによって、双子座を生かせるかどうかは変わります)


2013年04月26日 | 星占い
Powered by さくらのブログ