最近の記事
カテゴリ
過去ログ
カレンダー
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

RSS

2013年04月18日

理解力

自分を知るホロスコープ占い今日は午前中、新たに事業を興す人と、若手経営コンサルタントとの話に同席しました。その、若手経営コンサルタントの話の聞き方(理解力)が素晴らしかったので、今日はそれを記します。

たいていこういう打合せは1時間を目処に行われるようです。私の占いの時間の1/3です。短いですから、要点をしっかりと把握して、的確にアドバイスをしなければなりません。

私はみなさまの話をわ〜〜〜〜〜っと聞いて、そこから問題点を抽出し、原因を話の中から探り、具体策を出していく、という方法なのですが、若手経営コンサルタントの方の話の聞き方は完全に違っていました。
彼は、お客さんの話を完全に自分の公式に当てはめて聞いていました。
A+B=C B=C−A みたいに。
彼の中に公式ができあがっているので、お客さんの話をそこに当てはめて、そこに沿った質問をするだけなのです。
つまり、欲しい情報が的確に得られます。お客さんの話がどれだけ横道にそれたとしても、関係ありません。自分が欲しい情報だけを正確にピックアップしていきます。

ずいぶんと濃い話で、時間もだいぶ経ったと思ったのですが、30分しか経っていませんでした。密度が濃いんですね。たぶん。

状況を把握して、改善案を出すコンサルタントと、みなさまに考えてもらいながら改善方法に収斂させていく占いとでは、もちろん受け持つ領域が違うのですが、あの話術が身につけば、占いの時間はもっと短く、もっと濃くできるでしょうね。もちろん、話をしているうちに固まってくる、考えがまとまってくる、というのも占いの利点だと今の所は思っています。

しかし、公式が分かっていると、横道にそれた話をさらに横道にずらすことは避けられますね。
つまり、何を聞き出すのか、いとがハッキリしていると、効率は上がります。


2013年04月18日 | 日記
Powered by さくらのブログ