最近の記事
カテゴリ
過去ログ
カレンダー
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

RSS

2013年04月03日

相手に原因を求めずに、

うまく行っていないときには何らかの原因があります。
原因を突きとめるのは大切かもしれませんが、その原因はどうであれ、うまく行っていないことは事実です。
原因を突きとめるのは、概ね、原因を自分以外に求めようとすることです。
組織でプロジェクトをしている、チームで役割分担をしている、そういう場合は原因を突きとめて、その担当(役割の人)に改善してもらうことは大切です。
しかし、対人関係や恋愛ではそう簡単にはいきません。
なぜなら、相手も「自分に原因はない」と思っているからです。

相手のことは変えられませんから、自分の行動を変えるか、相手に対するアプローチを変えるかしかありません。
「自分が正しい」と思っていると、仮に自分にミスがあってもそれに気付かなくなりますし、色々な可能性を狭めることになります。

うまく行っていないときは、冷静にものごとを見ることです。自分が正しいという視点から、客観的に様々な可能性を考えてみることです。
そして、自分にとって最悪な、相手にとって最善な可能性にたどり着いたら、それを前提として行動・対応してみることです。

恋愛も、それでうまく行くこともあると思います。


2013年04月03日 | 思うこと
Powered by さくらのブログ