最近の記事
カテゴリ
過去ログ
カレンダー
<< 2013年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

RSS

2013年01月31日

お金の障害が断ち切れたら

私は貧乏な家庭に生まれ育ちました。父親は中学を出て、金の卵として工場勤務、後夜学に通い(Y校)母親とそこで出会っています。(母親も中学を卒業して働いている)
私の過去はいずれきちんと記すとして、今日は割愛。笑
しかし私はずっと自分の家が貧乏だと知らずに育ってきました。欲しいものは何でも手に入りました。自分の家が貧乏だと知ったのは、奨学金を受けたときでした。
いとも簡単に奨学生になれました。

貧乏なのになぜ貧乏だと気付かずに生きてこられたのかというと、高級なもの、上質なものに接することがなかったから、といえます。
あるいは、実重視というか。
お腹を満たすということが求めていることの本質なら、レストランではなくて牛丼でいいじゃん。みたいな。

それが高じてくると、価格比較はできるのですが、コスト感覚が抜けてきます。もちろん社会人としてコストには敏感な仕事をしていたので、
10円安い玉子を買うために何分も掛けて遠いスーパーにいく、ということがおかしいとは頭では思います。(時給に直すと数十円になります)

それが10円ならばかばかしいと思いますが、100円になると微妙で、500円になると「時給1000円か〜」とかなります。
時給1000円で10時間働いて、260日働いても、年収は260万です。
ですが、1000円は深夜勤務をしてやっともらえる時給だと思い込んでいるので、頭が混乱するわけです。

さて。
仮にこの、一切のお金の価値観を捨てたらどうなるでしょうか。
まず、迷い(の時間)がなくなります。
実はこの、迷いの時間は金額換算すると膨大な損失です。
次に、お世話になった人への贈りものが高価になり、人間関係が良くなります。あるいは後輩にごちそうしてあげられるかもしれません。デートなら割り勘でなく全部出すとか。

先日それを身をもって体験したことがありました。
あまりにバカバカしいことなのでここには記しませんが、結論から言うと、

一切のお金の障害を断ったら、新しいものが生まれる。

です。
例えば、どこかで商売をやろうと思って店舗を探したとします。
自分の予算は10万円。でも、気に入った場所の価格15万円。
10万の場所をまだ探し続けるのか、気に入った場所の15万に手を出すのか。

結論は、早くオープンしてその分稼ぐ。毎月5万の利益が上がるようにアイディアを出す。

その方が自分にとっての利益も大きいはずです。


戦略会議室セミナー
モチベーションアップのための無料勉強会


2013年01月31日 | 思うこと

2013年01月30日

土星について

山羊座のルーラー(支配星)である土星について記します。

土星は古い占いでは凶星とされていました。
なので、土星が○○座に来ると、その星座の人は運勢が悪くなるとか言われていましたが、まったくそんなことはありません。
(それは、自分がうまくいかなかったことを土星のせいにしています)

現代で最もヒットするキーワードは「責任感」ではないでしょうか。
責任感があるのでまじめ、責任感があるからはじけられない、責任感があるから保守的、責任感があるから…、というわけです。

土星のアスペクトはコンジャンクション、オポジション、スクエアを見るのが良いです。

太陽と土星のアスペクトは責任感です。
わりとありすぎる傾向があります。責任感で潰れないようにしましょう。

水星と土星は考え方が狭い、と言われています。ですがこれを占いで言うことはあまりありません。水星の宮(サイン・星座)によります。

火星と土星は考察するべきアスペクトです。
コンジャンクションの場合、火星の宮にもよりますが、アクセル(火星)とブレーキ(土星)を同時に踏んでいます。消耗型です。
自分を追い込む感じでしょうか。どんどん負荷を掛けます。冥王星が一瞬の連続なのに対して、土星は明らかに粘りの継続です。
(うまく日本語にできません、スミマセン)
オポジションの場合、ゴー(火星)とストップ(土星)を繰り返すと言われています。

金星と土星は恋愛についてです。
コンジャンクションだと責任感。ハードアスペクト(オポジション、スクエア)だと、悲観的、諦観的、みたいなことになります。

時期を見る方法で土星を見る方も多いようです。サターンリターンを使っている方もいらっしゃるようですが、30歳、60歳が人生の節目になるのは(一般的に考えても)明らかです。土星のせいではないかもしれません。

今は見ていませんが、以前は土星で時期を見ていた頃もありました。
12ハウスの時は内省の時、1ハウスに入ると内省を基に新しい自分を打ち出していく時期、といえます。(新しいサイクル)
トランジットの土星の1ハウスは良い時期です。

土星の話はここまでです。


戦略会議室セミナー
モチベーションアップのための無料勉強会


2013年01月30日 | 星占い

2013年01月29日

磨羯宮(山羊座)

2月19日の勉強会へのご参加ありがとうございます。
この勉強会は占いとは直接関係がありませんが、そもそも占いは何のためにあるのかというと、幸せになる、夢を実現する、ためですから、スペシャルゲストの話を聞くだけでも必ず役に立つと思います。
私は(今の所)占いに絡めた話をする予定です。占い師ですから。

延び延びになってしまってスミマセン。
今日は磨羯宮(山羊座)についてです。

まじめ
とにかくまじめです。コツコツ努力型です。
階段を作るのが得意です。目標を定めたら、そこに到達するための階段を作ります。そして一段一段上っていきます。
低いところに目標を定めて、「よし。達成。次」の繰り返しです。
一足飛びに行くことをしません。地道に積み重ねることが最も効率が良いことを知っているからです。

大局を見られる
計画を立てるのが得意です。乙女座さんも得意です。両者の違いは大局を見られるかどうか、です。乙女は細かいところを突っついて大局を見失うことがあります。ですが、山羊はそういうことがありません。
常に大局(ゴール)を見据えてものごとを考えます。ですから、無駄がありません。

具現化能力
何かをやろうと思ったときに、どうやってやれば良いのか具体的に考えられます。
例えば私が「占いの学校を作る!」となったとき、山羊座さんは
・いつ作るのか
・不動産はどうするのか どこに建てるのか
・講師はどうするのか
・どうやって募集するのか
など、すべてを企画して、管理します。
根回しもしますし、進行管理もしますし、人者金を適材適所に配置します。

適材適所
山羊座さんのキーワードはコレだと思います。
なので、管理職向きです。人の能力を見抜き、誰に何を任せれば良いのかなどが分かります。スバラシイ。

というわけで、それらはすべて仕事能力につながります。
もちろん、仕事だけではありません。PTA活動とか、そういうのにも役立ちます。

上司が山羊座さんならラッキーです。
きちんと教育してくれますし、手順を追って説明してくれます。
なぜなら、部下が育つことが自分の仕事を最も効率よく進めることになることを知っているからです。


2013年01月29日 | 星占い
Powered by さくらのブログ