最近の記事
カテゴリ
過去ログ
カレンダー
<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

RSS

2012年08月25日

9月の占いを更新しました

みなさまこんにちは。
9月の占いを更新しました。よろしくお願いいたします。

毎月の占いは起こる出来事よりも、気付きや考えて頂きたいことに焦点をあてて書いております。
もちろん、イベント時の対応方法や、行くとか行かないとか、進むとか止まるとか、攻めるとか守るとか、宇宙の何らかのつながりとかもあるかもしれませんが、いつ見ても役立つものかもしれません。

たまに確認してみて下さいね。

他の星座の部分もためになることはたくさん書かれているかもしれません。ですが、他の星座は他の星座さん向けに書かれていますので、ピンとこないところもたくさんあると思います。

今後ともよろしくお願いします。


2012年08月25日 | 日記

2012年08月24日

星占いと言葉

昨日の続きです。敵に回さないように、正攻法を記したいと思います。

みなさまが接している太陽星座と西洋占星術がごちゃ混ぜになってしまっている、という問題があります。
病気や治療、受胎などに関してはホロスコープ(太陽星座ではなくて、もっと詳しいもの)をもっと複雑に考察し、さらに時期やハウス、ミッドポイントやその他の感受点なども見たりしながら、(当たるかどうかは別として)答えを導きます。
西洋占星術と医学とを関連づけようとまじめに研究されている方もいらっしゃいます。(私も本を持っています。が、読んではいません)
そういう方たちにとっては「乙女座=下痢ピー」は重要です。
西洋占星術家にとって、乙女座=(みなさまが親しんでいる)乙女座ではないからです。西洋占星術家にとっては、乙女座=処女宮です。
ですから「乙女座の人はみんな便秘か下痢ピーの問題を抱えている」と思うのは間違っています。
なので、便秘や下痢ピーに効くアロマ(そんなのあるのか?)を乙女座の人に対して「あなたの香りよ〜」というのは間違っている、ということです。

もうひとつ、
先日ある人と話をしていたのですが、会話の中で
「射手座はフェアが好きですから」
と出てきました。私は日本人なのでフェアという言葉が分からなかったので聞いてみると、「公平」と答えてくれました。(でも、相手も日本人でした(笑))
つまり、その人曰く「射手座は公平なことが好き」です。
ですが、それはピンと来ません。

公平→バランスを取る→天秤座 です。
公平→正しい→正義→水瓶座 です。

ここで、正義は天秤座では? と思った方もいらっしゃると思いますが、それは後日に譲ります。

さて、フェアを辞書で調べてみると、

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej3/30229/m0u/fair/

これは全体的に天秤座っぽいです。
ですが、敢えて射手座を探すと、
4.あたりは射手座っぽいです。

4 有望な, 見込みのある
He is in a fair way to being elected.
彼は当選しそうな形勢だ.

あと、5.もちょっと射手座っぽい。

ですが、フェアにはもうひとつあって

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej3/30238/m0u/fair/

これはまさに射手座っぽいですね。

つまり、昔々その昔、西洋占星術に興味のあるだれかが訳した時に、フェアを公平って訳しちゃったんでしょうね。あるいはその方が星占いの本を原書で読んだか。
ここでいうフェアは日本語のセールみたいな感じです。○○フェアーっていうアレです。

上記ページの後の方に
[古フランス語←後ラテン語fēria(祝日). 市場は祝日の行事であった. △FEAST]
とあります。

フェスタ、フェスティバルってのも同じかもしれません。
つまり、フェアは祝日なんですね。
祝日はおそらく、
神さまの日。
楽しい日。
(市場なので)活気づく日。
これなら、射手座がフェアが好きというのはうなづけます。

つまり、山羊座がばい菌から守ってくれる、乙女座が下痢ピーと同じようにどこかで変換を間違ってしまっているのです。

タロットも同じですが、星占いは私たちの生活と言語システムが違います。単語ではありません。日本語で言うのならイメージです。
ただしそれはぼんやりとしたものではありません。明確なものです。
それを理解しないで単語だけをつなげていくと、伝言ゲームみたいにどこかで狂っていくのです。


2012年08月24日 | 星占い

2012年08月23日

西洋占星術と身体

昨日の補足をしたいと思います。
12宮はそれぞれ身体の各部位と関連づけられます。
下の図のように、頭から足の裏まで順番に割り振られています。



さらに、詳細を記すと下の表の通りです。



これらは東洋医学や古代医学と関連があるそうです。
たしかに
蟹座は心配性=胃が悪くなる
牡羊座は怒りやすい=頭に血が上りやすい=顔
双子座はおしゃべり=しゃべりすぎ=声帯ポリープ
とか、分からなくはないですが(私のこじつけです)正しいとも思えません。
ですが、伝統的な手法ですので、ここでそれを否定するとプロアマ問わずすべての西洋占星術家を敵に回しますので、今日はこの辺で終わりにしておきます。


2012年08月23日 | 星占い
Powered by さくらのブログ