最近の記事
カテゴリ
過去ログ
カレンダー
<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

RSS

2012年01月18日

スケジュールを守る意志

1月も半ばを過ぎました。みなさまはこの2週間くらいをどのように過ごされたでしょうか。
先日ある人からこんな話を聞きました。

正しいスケジューリングは自分を守る

自分が何をやりたいのかが明確になっており、そこに向かうとするのなら、計画は必須です。
手帳をどのように使うのか、管理ツールをどのように使うのか、それはみなさまの趣向によると思います。しかしいずれにしても、予定を立てることは大切です。
目標が達成されるのかどうか、それは正しくスケジュールを立てられるかどうか、そしてそれをきちんと守るための工夫ができるかどうか、です。
何とかなる、は、何ともなりません。
幸せは天から降ってこないのです。

私が立てた今年の目標は、昨年も目標でした。しかし、達成できませんでした。
理由はいろいろあり、優先順位が変わったということがあります。しかし、今振り返ると優先順位を変えるべきではなかったと思っています。

今、みなさまが「今年これをやりたい」と思ったことは、みなさまの人生で必要なことだとおもいます。
しかし、もし、それが昨年とあまり変わらないのなら(つまり、昨年達成できなかったのなら)どこかで考え方を変えなければならないかもしれません。
私たちはたいていの場合、やらなければならないことでも、今日やらなくても良いことは後まわしにしがちです。

仕事をされている方は分かると思います。
仕組み作りや長期的な取り組みはいつも後回しになり(それができる星があり、それを持っている方たちはきちんと淡々とそのことを進めていきます)、すぐにやらなければならない(しかしそれはたいていの場合後始末)ことに振り回されます。
自分の人生も仕事と同じように、やらなければならない本当に必要なことはずっとできずにいる、ということはないでしょうか。

今年立てた目標が、人生の目標、というような方もいらっしゃるでしょう。
それはもしかしたら必ずしも今年中に完遂させなくても良いことかもしれません。仮にそうだとすると、今のままでは今年は、来年も、そして再来年も、おそらく永遠に達成できなくなってしまうかもしれません。

自分のことを真剣に考えて、自分は何を目指すのか、そのためには何をするのか、どのような方法でそれに向かうのか、計画を立てて遂行する、そして、四半期ごとに検証する。
それらのことはとても大切なのない、日々目先のことに忙殺されてなかなかできないのでは無いでしょうか。


私は、今の占いのスタイルは今年いっぱいでできれば終わらせたいと思っています。

そのために今年は二つのことをしなければなりません。
そして、たった一つのことを守らなければなりません。
これは、とても難しいことですが、6月頃に振り返った時に「それはわりとできた。だが、そもそもの能力がなかったのでできなかった」と言えるようになっていたいと思っています。


2012年01月18日 | ビジネス
Powered by さくらのブログ