最近の記事
カテゴリ
過去ログ
カレンダー
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

RSS

2011年08月13日

夢はお金で買えない

先日ホテルに勤務したことのある女性と話をしました。
その女性が勤めていたホテルは、会社から支給された手帳の最初のページに自分の夢を書かせるそうです。
そして、毎日仕事に向かうときに、自分の夢を確認し、自分に言い聞かせ、それから心得、接客用語などを唱和し、勤務に入るそうです。

「だれでも楽してお金を稼ぎたいと思っているよ。自分だってそうだよ。従業員なんて教育したって動いてくれないよ。」

以前接したある会社の社長はそう言っていました。
そんな話を若い女の子(社会人2年生)にしたところ、

「尾瀬さん、その考え方は全然違うんじゃないですか?」

と言っておりました。その通りです。
でも、すぐにそう答えられた彼女は幸せだと思います。
彼女は、お金のために仕事をしているのではない、という環境にあるからです。

先日ある女の子と話をしていました。
バイト先の同僚のAさんは、仕事を増やされたときに上司に賃金交渉をしたそうです。
そして上司はAさんの主張を認め、給料を上げました。
しかし程なくして上司は
「Aさんがしっかり仕事をしてくれたのは、給料を上げた直後だけだったな〜」
と、彼女に愚痴を言っていたそうです。

その女の子から詳細を聞いたわけではないのですが、上司はAさんに対して仕事を増やすことの意義、会社組織の中でのAさんの位置付け、Aさんに対しての信頼度、期待度、将来のビジョンなどをしっかりと説明できず、「仕事を増やすから申し訳ない」という気持ちで給料だけを増やしてしまったように思えます。

お金はきりがありません。
お金だけでその人のモチベーションを上げられるほど、普通の会社は給料を支払えないはずです。
みなさまが雇っている立場なら、給料を2倍にはできないはずです。
でも、雇われているみなさまは2倍くらいもらいたいと思う方もいらっしゃるでしょう。
お金でモチベーションが上がるのは、一時です。

でも、今の働きが自分の夢へと続いていると分かったら、、、
今の仕事からたくさん学べ、大きなエネルギー、そして成果を上げられるに違いありません。


2011年08月13日 | 思うこと
Powered by さくらのブログ