最近の記事
カテゴリ
過去ログ
カレンダー
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

RSS

2011年05月20日

心で接していますか

ある人材教育会社の社長から、MLとして毎日の一言が私の元に届きます。
先日の一言はこうでした。

「頭で話せば頭に入る。心で話せば心に入る。」

脇田さんがボロボロ涙を流したのは、心で教育をされたからなのでしょうね。

この日記を読んで下さっているみなさまの中にも、教育係の人はいらっしゃるのではないでしょうか。
占いの講師をしている方、何かのインストラクターをされている方、、、
もしかして、自分は知識や技術を教える役割だと思ってはいないでしょうか。

でも、知識や技術だけで一人前になれる世界はそう多くはありません。
おそらく、講師、インストラクターのほとんどの人は知識や技術だけで一人前になれる人を育て上げられるだけの、知識や技術を有していないはずです。
あるいは、それくらいのモチベーションが高い人だけを教えている、ということも少ないでしょう。

例えば、占いなら、自分を占うのなら知識や技術が理解できれば十分です。
でも、他人さまを占うのなら、そこに心が入っていなければ占うことはできません。
では、その心は、教えなくても良いのでしょうか。
心はその人の個性です。
しかし、心が大切であることは、先輩である講師、インストラクターの人が伝えなければなりません。

占いに来る相談者さん、知識が欲しくて来る人はいません。
専門用語ではなく分かりやすい言葉で伝える必要があります。
何をどのように答えるのか、それは占法の技術とは全く別です。
知識や技術よりも、心を伝える方が大切な場面はたくさんあると思います。

知識ではなく、心で接しましょう。


2011年05月20日 | 思うこと
Powered by さくらのブログ