最近の記事
カテゴリ
過去ログ
カレンダー
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

RSS

2011年05月25日

6月の占いアップ

6月の占いをアップしました。

6月と言えば、梅雨ですね。
雨だと歩くのが大変になりますし、何となく心も沈みます。

でも、あじさいは元気なんですよね〜 かたつむりも。

あじさいを見に出かけると、華やかな気分が戻ってくるかもしれませんね。
あじさいは梅雨を元気にしてくれる花ですね。

茨城にも、すっごくあじさいがきれいなところがあります。
そしてそこは、空気がとってもおいしくて、、、
関東の清水寺と呼ばれているのですが、本物の清水寺よりも規模は小さいですが、ものすごくさわやかで気持ちが良いです。
人もいませんし、遠くの町並みはきれいですし。
きっと、本物の清水寺も、できた当時はこんな風景が見られたのかもしれないな、って思わせます。
(そんな田舎じゃないか、京都は)

残念ながら車でしか行けませんが、ドライブの際は、是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


2011年05月25日 | 日記

2011年05月22日

仕事より楽しいことがある

今日は朝9時半から22時半まで昼食を取るまもなく占いでした。
お疲れさま。
私は慣れていますが、みなさまは4〜5時間もぶっ通しで会議をしているようなものですから、本当にお疲れさまです。

さて。
先日は毎月来て下さっている方との占いでした。
彼はとにかく人柄が良くて、話しやすく、占いの時間はいつも長くなってしまいます。
転職前から来てくださっているのですが、転職を機に彼は仕事に対しての取り組みが本当に変わりました。
占いの内容はほとんどが「毎月の幹部会議で何を発表するのか」です。
その日もいくつかの内容を打ち合わせして、会議2回分の資料の概要を決めました。
占いの後、彼は会社に戻って休み返上で緊急会議の資料作成をするようです。

毎月自腹を切って、休みを削って、自分を磨く。
それはもうステキなことだと思いませんか。

最近の若い方は「有給休暇」の取得の主張が激しいそうです。
私はサラリーマン時代(退職直前を除いて)有給休暇を一度も取得したことがありませんから、主張できる雰囲気が想像できません。
彼とそんなことを話していたときに、

「有給休暇を取得したいと懇願するなんて不幸だね。」

という話になりました。
つまり、有給休暇を取得したいと願うことは、仕事よりも楽しいことが他にある、ということです。
「そんなこと、当たり前じゃないですか!」
そう思うかもしれません。
でも、彼はこう言っていました。

「週に6日間仕事で週に1日間彼女だから、まだ良いですよ。これが週に6日彼女で週に1日仕事だったら、やっていられないかもしれません。」

みなさまが学生や専業主婦でないのなら、大半の時間を仕事に費やしていることでしょう。
大半の時間が楽しいもの以外に費やされているのなら、悲しいことではありませんか?

それは、仕事を好きになれ、ということではありません。
仕事をもっとやれ、ということでもありません。
今の自分は、どのようにすれば好きな仕事に就けるだろうか、それをホロスコープは教えてくれるのです。

現状を認識して、
自分の武器を確認して、
自分の理想を明確にして、
具体的な手法を検討して、
行為計画(スケジュール)を作成して・・・

とまぁ、占いとはそういうものです。
幸せになるための戦略会議ですからね。


2011年05月22日 | 思うこと

2011年05月21日

レオニー

先日レオニーを観てきました。
彫刻家イサム・ノグチを育てた母レオニー・ギルモアの伝記です。
映画の解説ブログではないので、解説、物語内容などは公式ページをどうぞ。
その一場面に、ある芸術家の一言が出てきます。

調和とは、調和のないものの集まりから生まれる。

私たちは、私たちにとって最も適した星の配置になった瞬間に生まれます。
そして、その星の配置はその瞬間以外に、過去も未来も二度と起こりません。
つまり、私たちは唯一無二の存在で、一人一人に課せられた使命があります。

私たちは、例えば集団の一員として、組織の一員として、日本人として、調和を求められます。
(さしずめ今なら頑張るか、ひとつにまとまるのが日本人のようです(注:これは嫌味です。)
しかし、その調和とは、全く違った個性の人が集まって、ひとつのものを作り出しているわけです。
全く違うものがひとつにまとまるところに、美しさがあるのです。

考えてみて下さい。
全く同じものが無機質に同じことを繰り返している図を。

私たちは、その瞬間の個として、一人ひとり違った役割を担っています。
一人ひとりが違った役割を果たすことで、無機質でない、味のある集団を作り出しているのです。

自分の個性、自分自身を、集団の中でさえも、認めましょう。
自分の個性が、所属する集団を味のあるものにしていると、思ってみましょう。

レオニー:B


2011年05月21日 | 思うこと
Powered by さくらのブログ