最近の記事
カテゴリ
過去ログ
カレンダー
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

RSS

2011年03月09日

あきらめる理由を考えるのをやめよう

好きならばとことんまで。

デス!!

恋愛は縁ですから、相性が良いからうまく行くとか、相性が良くないからうまく行かないとか、必ずしもそうとは限りません。
ホロスコープにはイケメンとか、おっぱいが大きいとか、そういうことは書いてありませんから、あなたがもしイケメンやおっぱいに惹かれたのなら、相性云々よりも、GETすることを考えるべきで、相性を占うこと自体がナンセンスです。
結婚が差し迫った問題でないのなら(若い恋愛だけでなく、不倫も、友達づきあいとしても)、自分ができる最高で最大のことをしなければなりません。

しかし、何をとことんやれば良いのでしょうか。
問題はそこです。
とことんやる=自分の思いを熱心に永続的に伝える。
と思いがちですが、それでは単純に自分のエネルギーを放出しているだけで自己満足です。
やっぱりイケメンには振り向いて欲しいですし、おっぱいに、、、まぁ、それはいいや。

そこで、星占いの活用です。
星占いは相手のあるべき状態が分かりますから、相手が(本当は)どんなことが気持ちよいのか、どんなことを欲しているのかが分かります。
その、欲していることを自分がとことん提供できれば、結びつくかもしれません。

そもそも、相性が良いから恋愛をする、相性が良くないからあきらめる。
なんて、恋愛には似合っていません。
相性が良いから惹かれあうというのはありますが、それは友達っぽくなりがちです。相性が悪いからこそ、男と女として惹かれあうというのはよくあることです。

どんな恋愛でも無駄なものはありません。
無駄なのは、目の前の恋愛をごちゃごちゃ頭で考えて可能性をつぶすことです。
考えるのは、どうすれば相手が気持ちよくなるのか、デス。
戦略を練りましょう。


2011年03月09日 | TrackBack(0) | 恋♪
Powered by さくらのブログ