最近の記事
カテゴリ
過去ログ
カレンダー
<< 2010年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

RSS

2010年06月26日

すぐスタートしよう

先日占いに来た女の子がこんなことを言っていました。
「これからの人生の中で、今日が一番若いんですよ」

それを聞いて私はハッとしました。
いまよりももっと若いときが来て、その時にチャレンジすればいいや?
って思っていたのです。
これを読んでいるみなさまは、まだお若いかもしれませんが、もしあなたが何かをチャレンジしようと思っているのなら、今よりも体力、気力、記憶力、知力が、今後向上することはありません。

まじめな人ほど、準備ができてからスタートしようとします。
「私はまだできません」
「もっともっと○○してから」
練習ばかりして、本番に進まないんですね。
でも、今以上のものを得るためには、スタートして、継続して、そこから得ない限り、上には上がれません。

占いで、最高の時期を見ることもありますが、それは、
「スタートして良い時期」
ではなく、
「この時までに完成して、さらに飛躍を得るべき時期」
です。
ならば、今からその時期に向かって何かをしなければなりません。


2010年06月26日 | TrackBack(0) | 思うこと

2010年06月21日

似たようなカードでも違う意味

同じようなカードでも違うカードなら解釈も変わってきます。
先日のレッスンで簡単なリーディングをしたのですが、
彼女の気持ち?彼の気持ち?(結論)アドバイス で



のように展開されたらどのように伝えるでしょうか。

では、


ならどうでしょうか。

聖杯3と聖杯2は両方とも「彼に好意を持っている」と解釈できますが、その好意のあり方は違います。
聖杯3なら仲間でワイワイ、みんなに紹介できる関係
聖杯2ならふたりで一緒にいたい関係
です。(明日続編を記します)

聖杯10は「家族」、金貨10は「社会、家」に焦点が当たっています。
聖杯10(正位置)なら
「二人はとっても幸せになれますよ」
金貨10(正位置)なら
「二人は社会にも認められる夫婦になれますよ」
こんな感じでしょうか。

似たようなカードでも違うカードですから、その差をきちんと伝えなければなりません。
一枚一枚見ていくと、タロットは本当に細かいところまで教えてくれるのです。


2010年06月21日 | TrackBack(0) | タロット

2010年06月19日

バッチリ予習!

前回、聖杯エース、聖杯2,聖杯10のカードのことを記しましたが、今日の占いはまったくその通り、きちんと聖杯エース、聖杯2、聖杯10と展開されました。
タロットは不思議なものですね。
私は予習していたので、スラスラ読むことができました。チョキ

3時間の占い枠で複数回タロットをすることはあまりないのですが、たまにそういうことがあると、同じカードが出てきたりします。
また、前回の占いと突き合わせてみると、同じカードが出ていたりします。
もちろんそれはその人の今の鍵になっている場合がほとんどです。

きちんと一枚一枚読んでいくと、いろんなことが分かりますね。


2010年06月19日 | TrackBack(0) | タロット
Powered by さくらのブログ